テントをコインランドリーで洗濯機・乾燥機を使用するリスクについて知っていてほしいこと。



雨キャンプとなってしまった・・・撤収の際に降られた・・・と、ドロドロびしょびしょになってしまったテント。

そこで、テントをコインランドリーで乾燥させよう!と、

斬新なアイディアが出ておりますが・・・行わないほうがよいです。

絶対やめてください。

普通にトラブルになります。危険です。

理由は3点。

・テントの金具が原因でテント自体が傷つきます。また、金具が乾燥機の穴に入って折れたりします。

・コインランドリー機械の穴に金具が入って回転が止まり、機械が壊れ、最悪弁償を求められる可能性もあります。年間で15件ほどそういうトラブルが発生しています。

・基本的に洗濯したものを乾燥するのがコインランドリーの乾燥機です。野外で利用して、泥だらけやびしょぬれになっているものを入れたら、他の人に迷惑になるかと思います。次の利用する方は、綺麗な衣類や布団をその中で乾燥するためです。

ついつい、ソロテントや2~3人用なら大丈夫じゃない?と思いがちですが、大きさは関係ありません。テントであれば、乾燥機を使用しないほうがよいかとおもいます。

実際に、クリーニング業界・コインランドリー業界で機械破損の事例があり、アウトドア品をコインランドリーで使用しないでほしいという張り紙をして対策しています。

逆にそこに目をつけて、中古機械を置いて、アウトドア用と書かれている場合もありますが、基本破損は自己責任となります。

テントの金具というのは、自在金具、インナーテントの四隅にある金具、グロメット(ポールの端をひっかけ固定する穴)などです。このような、テントについている金具類、そしてロープ等が乾燥機の目にはいり、乾燥機が故障してしまいす。

以下、弊社のコインランドリーですが、穴の部分が変形しているのがお分かりになりますか?金具が入り、てこの原理で変形したものです😿

S__9199623-768x1365

 

故意でなくても、金具が大きいので、やはり破損した場合は責任を求められる可能性は高いと思います。

あとは、モラルです。よくまとめサイトにナイスアイデアとしてコインランドリーの乾燥機を使うと書かれていますが、野外の汚れものを乾燥機に入れるのは迷惑行為だと思います。

WS001741

 

まとめサイトは、多くの情報を発信するわけですので、非モラルな情報の発信は控えるべきだと個人的に思います。

ツイッターなどでも、コインランドリー テントと検索すると出てきます😿

コインランドリーオーナーとして本当にやめて頂きたい。

キャンプ愛があるからこそ、キャンパーをとがめるようなことはしたくないのです~😿


達人キャンパーはコインランドリー使わないのでは・・?

「コインランドリー テント」と検索すると達人キャンパーさんがオススメしているようですが、私の知る限り、達人キャンパーと呼ばれるような人は誰よりもマナーと自然を愛する人が多いので、安易に記事を掲載すると誤解を招きかねないと思います。

洗濯機も使ってしまう・・・。

乾燥機だけではなくて、コインランドリーの洗濯機でテントを洗う猛者も出てきました。

これは乾燥機以上のハイリスク。2ルームを洗ってみてください。

テントって防水加工されているので水が抜けません。

脱水工程で止まる。止まらなかったとしても水がテント内に何十Lもたまっているので洗濯機から出したら水びだし。

めちゃめちゃ 大変な ことになります。

ご自身のテントが破損するリスクもありますが、そんなリスクよりもコインランドリー店の営業妨害してしまうことがリスクです😿

サーカス tcのコインランドリー洗浄について

サーカスTCなどのTC系テントをコインランドリーで洗うことについて問い合わせをうけますが、泥だらけのテント、外で使ったものなどは泥だらけになります。

また金具が入って機械が壊れます。コインランドリーの洗濯乾燥機は1台300万円します。

コインランドリーの洗濯機は、衣類や寝具を入れる機械です。

泥だらけのものを入れることや金具が付いているものは洗えません。

モラルを守って使用してください。

これは、コインランドリー運営側としての声と、テントを大事にしてもらいたいキャンパーとしての声でもあります。

宜しくお願い致します。

ではどうすればよいのか?というと、乾燥サービスやクリーニングサービスのご利用をお願いしております。

テントクリーニング.comでは、年間2万張のテント・タープをクリーニングする専門テントクリーニング店です。

すのぴ仕上げ

 


ここが違うテンクリのこだわりの乾燥サービス

テントクリーニング.comの乾燥サービスはこだわっています。

他のサービスとは以下の点で異なります。

・駐車場に干すことはありません。風で飛んだらどうするのだろうか。駐車場なので車の出入りがあります。ギア踏まれたらあぶないです。

・駐車場に干さないので、キズがついたりしません。また、吊るして乾かすので床で乾かす方法と異なり、両面しっかり乾燥されます。片面が生乾き状態になって臭うといったことはありません。床に干さないので汚れが付くことはありません。

・大型工場3か所で施工するので短納期を実現致します。

131936922_4801380239934469_7712638746083856405_o

最短2営業日後お戻し、テントクリーニング.comの乾燥サービスは早い

ビショビショどろどろのテントは、自宅でなんとか干すか、テントクリーニング.comの乾燥サービスやクリーニングサービスを利用してください。

テントクリーニング.comでは、クリーニング・乾燥サービスをご利用いただく場合に、キャンプ場からでも、ご帰宅途中のコンビニ・宅配営業所からでもお送りいただくことができます。

dry4

 

工場到着後、最短2営業日後にお戻しをさせて頂いております。

次回キャンプが控えていらっしゃる場合でも、安心してご利用をいただくことができます。

夏場はともかく、冬場でもカビは生えます。コットンテントの場合は、冬季でも注意が必要です。ご帰宅後、寒いからとりあえず外に置いておこう。。。この『とりあえず』が命取りとなることも。

なかなか気温があがらない冬場。しっかり干すのも意外と一苦労です。ぜひ、乾燥サービスをご利用下さいませ。

他社サービスと異なり、駐車場で乾かすといったことはしないため、キズ付きません。

駐車場のシミや裏側が生乾きの臭いが付くこともありません。

安心して任せられるテントクリーニングサービスです。

IMG-0415

 

(※)水漏れのないように梱包をお願い致します。輸送中のカビ発生、破損等は免責事項となっております。ご確認ご了承の上、発送をお願い致します。ポールやペグは抜いてお送りくださいませ。ポールやペグが同封されている場合は、別途送料を頂いております。

No. 729


最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!