バブアーの臭い取りクリーニング・メンテンス種類


オイルコートの代表格のバブアー Barbour のクリーニング依頼です。

オイルコートは基本全× つまり、水洗いもドライ洗いも出来ない洗うことを想定していない商品です。

バブアー Barbourのコートは 綿生地にオイルを塗って防水性と独特の風味を出していますので新品の品物はオイルが付くので電車や人込みで着用しないでくださいと注意があるほどですが、根強いファンがいるブランドです。

S__9322527

 

オイルコート・オイルシャケットは独特の固さというかハリと、ウェット感がいいですよね。


スポンサーリンク

バブアーは何で洗えない?

ドライ(油)クリーニングをすると表面のオイルコーティングが剥がれて風合いが変わってしまいます。

水洗いすると、オイルのウェット感の変化は少ないですが、折れジワができることやオイルが元になっている臭いが消えないこと、表面の汚れが落ちにくいことなどが挙げられます。

S__9322526

結局洗えない?

強いて洗うなら、水洗いをオススメしますが、クリーニングの原則は衣類の状態をキープした上での洗浄・綺麗にすることですから中々難しいですよね。

今回のクリーニングはどうしても臭いを取りたい ということで お客様にリスクを説明した上でお預かりしました。

3つご提案しました。基本的に臭いは取りにくいものであることと、臭いの原因がオイルの可能性が高いという前提です。

水洗い:今回のケースでは、表面の風合いの変化が一番少なく、リスクが小さい洗いになります。ただ臭いについては効果が薄いです。

ドライクリーニング:オイルの定着具合にもよりますが、最悪はオイルが全部取れて風合いが全く変わります。固さがなくなり、ウェット感もなくなり、ただの綿の生地になるイメージです。ただし、バブアーのオイルは市販されているので、お客様ご自身で自分の好みでオイルをコーティングするならこれが一番オススメです。また、今ノンオイル商品も出回っているのであえてコーティングしないで着用するのもよいかと思います。

逆に困るのがオイルを取ってほしいという要望です。オイルの劣化具合によって取れ方が違うので取れる保障もないのです。つまりやってみないとわからないという品物です。

両方:ドライと水洗いの両方を行います。リスクは上記通りです。ただ一番さっぱり綺麗に落ちます。

S__9322525

 

お客様の要望で両方やってほしいということで預かりました。

こちらがドライクリーニング後の品物です。

風合い若干変わり、表面のオイルが取れました。古い表面のオイルが取れ臭いも落ち着きました。

S__9322524

 

その後水洗いをした品物がこちらです。オイルが取れた分 ウェット感 が少ないですね。 あとは好みで調整するようです。

ここまで書いておいてなんですが、ドライクリーニングするとオイルで汚れてしまうので基本的にドライクリーニングしません(笑)

たまたま、ドライクリーニング機械の溶剤を全部交換して清掃する予定でしたので最後の洗いで洗わせて頂きました。タイミングが合えばラッキーですね。

S__9322521

なので、リスクを承知の上で、今は預かるとしても基本水洗いのみとさせて頂きます。

お値段は特殊品クリーニングで4500円~とさせて頂いております。

94B2F2D7-33A6-4612-A03C-77B15C773A30

No. 1452
スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!