ヘレンカミンスキーの黄変のクリーニング



ヘレンカミンスキーの商品はほぼ天然素材のラフィアでできてます。

ラフィアはラフィアヤシの繊維で、麻のような硬さをもっています。

ヘレンカミンスキーはバックやハットを作っていますが、ほどよいラフィアの硬さで形をアレンジしながら使えることから大変人気のある商品です。

クリーニングは基本NG、洗わず、ふき取るようなメンテナスを公式でオススメしています。

とはいっても汗のにおいやファンデーションの汚れなどがありますから、素材の風合いと汚れ落としを天秤にかけてクリーニングすることをオススメします。

なんども洗っていますが、水洗いをします。

水を含むと硬直しますが、乾燥すると元の柔らかさに戻りますので、洗って焦ったクリーニング屋さんは多いのではないでしょうか。

今回はこちらの黄変処理を行います。

IMG_0009

 

汚れを落とそうとして洗剤につけたら真っ黄色になってしまったようです。

ラフィアは化学薬品に反応するので、薬品をつかった染み抜きは基本しません。

IMG_0010

 

が、今回はすでに使われているので中和するような薬品を選定して染み抜きを行います。

サビや黄変汚れにつよいスポッターAを常温で使用して黄変を取り除きました。

間違っても漂白をしないこと、黄変がひどくなります。Vショットなども反応します。

IMG_0011

 

あとは全体を水洗いして 縮みますのでテンションをかけて仕上げることで元の大きさに戻して完成!です。

IMG_0014

 

ラフィアは非常にデリケートな素材なので、薬品がこぼれているところにぽっと置いたりは決してしないでください。

IMG_0015

 


No. 1058

スポンサーリンク



最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!