礼服・喪服をクリーニングする頻度と長持ちのポイントを徹底解説!



よくお客様から「礼服をクリーニングする頻度と長持ちの秘訣」について問い合せを受けます。

結論から言います。礼服をクリーニングに出す頻度は、

「喪主や親族なら1回でクリーニング、それ以外なら3回に1度のクリーニング」

で如何でしょうか。

喪主や親族のように1日フルに着用する場合はクリーニングをしてください。

ダークスーツのひざ裏の折れジワは目立ちます。

それ以外の人は、お葬式に行って帰っての計1,2時間程度であれば、最長で3回、2回でクリーニングを出されたら良いと思います。

もちろん、汗を大量にかいた、土砂降りの雨に濡れた 場合はすぐに出すべきです。

お高い品物を数回しか着用せずにカビさせてしまい、破棄するといったことは損です。


カビが発生しやすい衣類ランキング

1位:帽子

2位:スーツ

3位:礼服

つまり、肌に密着させて汗を吸いやすく、しかも家庭で洗濯できない品物がカビが発生しやすいというのが共通点です。

Tシャツにカビが生えて困った人というのは非常に少ないです。

肌に触れて汗を吸う衣類でも家庭で洗濯するような普段着はカビが発生しにくいです。

 

礼服にカビが生えてしまった場合は

スーツや礼服にカビが発生しても、当社のカビ取り加工であれば臭いも軽減され、綺麗にカビ菌を除去することができます。

403か、宅配クリーニングのネットで洗濯.comをご利用ください。

 

カビ取りも土日祝日、即日で仕上げれるのは山梨県内ではクリーニング403だけです。

どうしてカビ取り代は高いのか?

カビ取り加工は通常クリーニング代金の1.5倍~2倍ほど頂戴しています。

それはカビを取り除くために水洗いを行いますが、礼服に水洗いすると縮みやシワが発生するリスクが高く、それを復元しながら仕上げる技術が必要なためです。

通常クリーニングは油であらいます。ドライクリーニングと呼ばれる工程です。 

クリーニングの専門集団が提供する宅配クリーニングサービスネットで洗濯.com」をご利用ください。

 

No. 233


最高級 宅配クリーニングのネットで洗濯.com
クリーニング403が安心・高品質な本物のクリーニングをお届けします。

キャンプ場からそのまま送れるテントクリーニング.com
テント・タープなどのクリーニングと合わせて撥水加工、UV加工がオススメ!