何のために働くのかを教えてくれた会社。

営業本部
小松 貴弘
- Takahiro Komatsu -
2017年入社
関東学院大学

403を選んだ理由は?

一部上場企業で新築戸建販売の営業マンをしていました。

奥さんと出会い、山梨に来るタイミングで403に入社しました。

403の入社前に岩本社長とお話させていただく機会があり、前職の販売営業についてや仕事観について私の考えを伝えたことがありました。

今までお金のため だけではないのですが、お客様のためと言いながらも 自分自身のために働いていたように思います。

私の周りの社会人の友人や先輩方も同様のモチベーションで働いていたので、それが当たり前だと思っていました。

そんな考えをズバっと岩本社長に見抜かれ、 どういう人生を送りたいのか 考える機会があったのです。

と言いつつも、その場ではすぐに理解できず、その1年後に403に入社しました。

今はどんな仕事をしていますか?

入社直後から、新しい地域の出店エリアへ配属が決まり、1年も満たないうちに工場を一つ任されるようになりました。

右も左もわからなく、ようやく何となく分かりかけてきた折に、工場一つと、直営店6店舗も任され、さらに混沌とした日々を送るようになりました(笑)

前職では1戸何千万円という世界から1点180円というクリーニングという仕事にかわっても、お客様に喜んで頂くことはかわらず、人に喜んで頂くことって何なんだろうかと深く考えることが多くなりました。

クリーニングの受付から洗濯、引き渡しまでのすべての工程が私自身の責任になりますので、仕事の難しさ、大変さということを嫌というほど味わいました。

入社して、2年ほど働いてみて ようやく 何のために働くのか ということが分かりかけてきた気がします。

日々来店してくださるお客様に対して ありがとう。

一緒に働いてくれる従業員に対して ありがとう。

と こういう気持ちが自然に湧き出るようになりました。

 

あぁ(なるほど的なニュアンス)、 働くということを通じて 人のために働くのはもちろんだけど、 

お金以上に こういう 人に感謝する気持ち 人間性の大事さに気づけたことは大きな財産で、人生観が大きく変わりました。

休日はどのように過ごしていますか?

奥さんが 吉祥寺が好きなので 運転手です。

 

私に休みをください☺



一覧へ